秋の野原は美しさでいっぱい

感動ポイント:秋の野原が春のそれよりも美しいと感じるのは私だけだろうか。

野の花はあまり目にかけることが少ない。でもこれだけ一面に咲いていると「こんなにも美しいものであったか」と心を奪われる。白くて小さいひめじょおんの花が野原一面に咲き、その合間を縫うようにしてコスモスの鮮やかな赤紫の花や優しいピンクが風に踊っている。ちょろちょろ流れる小川のそばにはセリの花が咲き乱れ、濃い草の中でひときわ目立っている。その白い色に魅せられて、蝶や蜂たちが群れているのも本当にきれい。女郎花(おみなえし)の風に揺れる姿は凛とたたずむ「女郎」というよりは「花魁」を思わせるほど美しい。秋の少し冷たい風が空の青をより美しいものにし、花たちをこんなにも美しく引き立たてているからに違いないと私は思っている。

  • 風に揺れるコスモス
  • セリの花にとまっている蝶
  • 野原一面のひめじょおん
  • 鮮やかな黄色の女郎花
この記事をシェアする

田舎暮らしchannelはリンクフリーです。
どうぞご自由に下のバナー画像をご利用ください。

田舎暮らしchannel

おすすめサイト